道新・UHB・AIR-G’
SDGs 共同プロジェクト

■ 福原

SDGsへの取り組みで地域社会に貢献する企業を目指す

 福原では、道東エリアを基盤としてこれまでも地域貢献、環境保全、人材活用・育成への取り組みなどを展開してきました。2021年6月にサステナビリティ推進室を新設し、今後もSDGsの取り組みを強化していきます。
子供食堂(刀圭会)

 福原では「環境保全活動」として脱酸素社会、循環型社会の推進に向け、発泡スチロールの再利用などリサイクル活動を展開するほか、環境配慮型商品の取り扱いを増やしています。また、地域の子ども食堂に毎月食材を寄付するとともに、皆様より余った食材や賞味期限が迫った食材などを募って提供する「フードドライブ」の活動にも注力しています。ほかにも、子ども向けのスポーツ大会を主催するなどの地域貢献事業も継続しています。

 当社では昨年度、コーポレートメッセージを「『福』を届けます、すべての人に。~Make Happiness!~」に一新。コロナによる差別や偏見をなくし住みやすい街づくりを目指す「シトラスリボンプロジェクト」にも賛同しています。仕事を通して、企業活動を通して多くの「福」をお届したいという思いで、今後もSDGsの活動を進めていきます。

十勝振興局とタイアップしたフードドライブ事業で集まった食材

会社名:株式会社福原
所在地:帯広市西22条北1丁目13番地
代表者名:代表取締役社長 福原 郁治
TEL:0155-37-2980(サステナビリティ推進室)
ホームページ:http://www.arcs-g.co.jp/group/fukuhara/